Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「金命洙候補承認協力」の請求書を差し出した野党

「金命洙候補承認協力」の請求書を差し出した野党

Posted September. 23, 2017 08:14,   

Updated September. 23, 2017 08:31

한국어

「金命洙(キム・ミョンス)大戦」で勝利した与党は22日、「協治と統合」のスローガンを掲げたが、致命傷を受けた保守系野党は、内部分裂と政界再編の兆しまで感知されるなど、相反する様相だ。しかし、与党も金命洙・大法院長(最高裁判所長官)任命同意案を処理する過程で「選挙区制改編」など多くの宿題を抱え、今後の政局の雷管になりそうだ。

●共に民主党、「協治」・・・「国民の党」求愛戦略

党指導部は同日、野党に対する攻撃を止め、和合のメッセージを投じた。秋美愛(チュ・ミエ)代表は、国会で開かれた最高委員会議で、「金命洙承認案通過で経験した協治の精神を常に再確認し、国民の期待に応える定期国会になるよう努力して行こう」と呼びかけた。禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表も、「切実な気持ちで野党にまず手を差し出す」と低姿勢の対応を強調した。

野党との協治の一環として、秋代表は、任命同意案の採決前に議論した中道系野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表との会合を推進する一方、大統領府と政府は、大統領と与野党代表との安保会合や与野党と政府の協議体の構成にもスピードを出す計画だ。

しかし、与党が投じる求愛メッセージは事実上「国民の党」に向けられている。金命洙承認案を最後まで反対した保守系最大野党「自由韓国党」と保守系野党「正しい政党」はあきらめても、決定的なキャスティングボートを行使して協力した「国民の党」と共に行くという戦略だ。党関係者は、「少数野党として今後、国政課題の法案や予算を処理できる唯一の方法ではないか」と強調した。

実際、院内外では全方向で「国民の党」抱き込み戦略に突入した。まず、党と大統領府は、金命洙任命同意案処理の過程で「国民の党」と意見が一致した「選挙区制改編と分権型改憲議論」の一歩を踏み出した。田炳憲(チョン・ビョンホン)大統領政務首席秘書官は同日、国会に駆けつけ、「共に民主党」指導部と会って関連の議論を始めた。

田首席秘書官は、記者団に、「基本原則には『国民の党』も『共に民主党』も大差なく、今後国会で本格的に議論されれば、十分に合意点を見出せるのではないか」と語った。しかし「国民の党」は、「大統領府が特別委の活動結果だけを見守ることは『責任政治』に合わず、強く力を与えなければならない」と主張しており、温度差が感知された。

安代表は同日、最高委員会議で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と『共に民主党』は必要な時だけすがるのではなく、国会の合理性を尊重し、言葉ではなく行動で協治を実践することを望む」と述べた。「国民の党」は、与党を圧迫するために与野党の重鎮を中心に選挙区制改編を議論する民政連帯の発足も計画している。「国民の党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)議員は22日、東亜(トンア)日報の電話取材に対して、「選挙区制改編を議論するための市民社会連帯体である『政治改革共同行動』に与野党5党から重鎮2人が参加する円卓機構を設置することを提案する」と明らかにした。

●保守系野党、政界改編の兆し

任命同意案の処理で134票の反対票を投じた自由韓国党(107議席)と「正しい政党」(20議席)など保守系野党は、「理念的同質性」を確認したものの、議席数の不足という明らかな限界も露呈し、政界改編の可能性も提起されている。

「正しい政党」では、金大法院長任命同意案の可決で、党内の自強派と統合派間が鋭く対立している。金大法院長候補の任命同意案の反対党論にもかかわらず、自強派の河泰慶(ハ・テギョン)最高委員が21日、賛成票を投じたことを明らかにすると、統合派に分類される朱豪英(チュ・ホヨン)代表権限代行兼院内代表は、「変わった人とは党を共にすることは難しくないか」と河最高委員を批判した。

朱権限代行は22日も、大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンプクト)党員の教育を理由に自分が主宰しなければならない院内対策会議に出席せず、河最高委員に対する不快感を間接的に示した。これに対して、河最高委員は記者団に、「朱権限代行の戦略が失敗したことなのに、人格攻撃をしてはいけない」とし、「最高委員が強く反発する状況で、党論を押しつけたことが誤りだった」と反論した。自強派の代表格である劉承ミン(ユ・スンミン)議員に近い池尚昱(チ・サンウク)議員も、東亜日報の電話取材に対して、「反対の党論を定めたことは、守旧保守に行くという宣言をしたことだ」とし、党内の統合派を批判した。

保守系政党の離合集散は、来月中旬、自由韓国党の朴槿恵(パク・クンへ)前大統領の党除名と11月13日の「正しい政党」全党大会の頃から始まる可能性がある。



崔瑀烈 dnsp@donga.com · 宋贊旭 song@donga.com