Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

金正恩氏の最側近崔竜海氏、2日間公式行事に姿見せず

金正恩氏の最側近崔竜海氏、2日間公式行事に姿見せず

Posted February. 17, 2017 08:52,   

Updated February. 17, 2017 08:56

한국어

金正恩氏の最側近崔竜海氏、2日間公式行事に姿見せず
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が父親の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の75回目の誕生日(光明星節)の16日に錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝したと、北朝鮮メディアが報じた。錦繍山太陽宮殿には金日成(キム・イルソン)、金正日父子の遺体が安置されている。

朝鮮中央通信や朝鮮中央テレビなどによると、同日の参拝には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長をはじめ金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員、金己男(キム・ギナム)党中央委員会副委員長、崔泰福(チェ・テボク)最高人民会議議長、李明秀(イ・ミョンス)党中央軍事委副委員長など党・政・軍の北朝鮮指導部が参加した。特に最近の新型中距離弾道ミサイル(IRBM・北極星2)発射で金委員長に随行した李秉喆(イ・ビョンチョル)党中央委第1部部長が参拝団の前列にいて注目された。彼らは、金委員長名義と党中央委名義の花かごを供え、敬意を表した後、金正日総書記が生前に使用した乗用車や列車、船舶を保管した記念館を訪れた。

一方、金委員長の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党中央委副委員長は前日(15日)に平壌(ピョンヤン)で開かれた中央報告大会に続き、参拝にも姿を見せなかった。先月、権力乱用の疑いで解任が伝えられた金元弘(キム・ウォンホン)国家保衛相も参加しなかった。



尹相虎 ysh1005@donga.com