Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

北朝鮮の最高人民会議代議員で軍部の割合が25%減少

北朝鮮の最高人民会議代議員で軍部の割合が25%減少

Posted March. 26, 2019 09:02,   

Updated March. 26, 2019 09:02

한국어

韓国の国会議員に該当する北朝鮮の最高人民会議代議員の名簿から軍部の割合が約25%減少したことが確認された。2012年の執権後、党と政府の役割を拡大した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が軍部の力を小さくしているという観測が流れている。

25日、国家情報院傘下の国家安保戦略研究院のキム・インテ責任研究員の報告書「最高人民会議第14期代議員選挙結果分析」によると、10日に開かれた選挙を通じて、軍部が持っていた代議員の持分の約4分の1が減少した。総政治局、総参謀部、人民武力省、各級司令部や軍団級など軍部の主要人物の当選を確認した結果、5年前の第13期で約80人だった軍部要人が今回約60人に減った。代議員数が687人であることを考えると、軍部の割合が約8.7%に1桁になったのだ。落選した代議員は、対南・対外、軍需工場分野などに戻った。キム氏は、「これは相当な減少幅であり、最近変化した軍部の政治的地位を読むことができる」と指摘した。

 

来月11日に予定された最高人民会議第14期第1回会議が開かれる前に、金正恩氏が党政治局会議を開催し、非核化メッセージを出す可能性もある。キム氏は、「15日に崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が(金正恩氏の)立場発表を予告し、最高人民会議は党の決定を事後追認するため、政治局の会議が最高人民会議の前に開かれる可能性がある」と指摘した。


黃仁贊 hic@donga.com