Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

交際しない理由…男は「お金のため」、女は「自由のため」

交際しない理由…男は「お金のため」、女は「自由のため」

Posted March. 25, 2019 09:11,   

Updated March. 25, 2019 09:11

한국어

男女が交際をしない理由には、かなりの違いがあるという調査結果が24日出た。異性交際をしない理由として、男性は「金銭的負担」を、女性は「自由で快適な生活のために」という答えを多く挙げた。

韓国保健社会研究院が20~44歳の未婚男女2464人を対象に調査して最近発表した「2018年全国出産力と家族保健・福祉を巡る実態調査」によると、「異性交際をしていない」と答えた男性は74.2%(846人)、女性は68.2%(903人)となった。

「ソロ」の理由について、未婚の男女共に「適切な相手にまだ会っなくて」、「異性交際の必要性を感じなくて」という理由を最も多く挙げた。ただ、「一人だけの自由と気楽さを失いたくないから」と回答した女性(20.6%)が男性(12.2%)より多かった。一方、「金銭的負担のため」という回答は、女性は1.5%にとどまったが、男性は9.7%で差が大きかった。

就職した男性(30.6%)と女性(33.9%)の異性交際の割合は、非就業者(男性18.1%、女性27.3%)より高かった。報告書は、「今は結婚だけでなく、恋愛においても就職が重要な条件になった」と分析した。

新居を構えるために融資を受けた青年世代の夫婦が、20年前に比べて大幅に増えたことが分かった。報告書によると、2014~2018年に結婚した青年世代の夫婦の50.2%は、新居を構えるために融資を受けたと答えた。1998年以前に結婚した夫婦の中では、融資を受けた割合が16.0%に過ぎなかったが、その後着実に増加した。1億ウォン以上の高額融資も、1998年以前に結婚した夫婦は0.7%にとどまったが、2014年以降に結婚した夫婦は37.7%へと増えた。


朴恩緖 clue@donga.com