Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

3%→2.9%→2.7%…成長率予測を徐々に引き下げた韓銀

3%→2.9%→2.7%…成長率予測を徐々に引き下げた韓銀

Posted October. 19, 2018 09:34,   

Updated October. 19, 2018 09:34

한국어

今年の韓国経済成長率は6年ぶりに最も低い2.7%にとどまるだろうと、韓国銀行が予想した。これは、韓国経済が過度な物価上昇無しに到達できる成長レベルを意味する潜在成長率(2.8~2.9%)にも達しないものであり、韓国経済が成長の限界に直面したのではないかという懸念が出ている。

韓銀は18日に出した「2018~2019年の経済予測」で、今年の国内総生産(GDP)の成長率見通しを7月に発表した2.9%より0.2%ポイント低い2.7%に修正した。韓銀は4月までは今年の成長率は3.0%に達すると見込んだが、7月に3%台の成長を放棄後、わずか3ヶ月後に予測値を再び引き下げた。

この予測通りであれば、今年の韓国経済は、2012年(2.3%)以降最も低い成長率を示すことになる。国際通貨基金(IMF)は、今年米経済は2.9%、世界経済は平均3.7%成長するだろうと予想しており、韓国経済だけがグローバル成長の列から離脱する様子を見せている。

続いて韓国銀行は、韓国の今年の就業者の増加幅を9万人と予想した。これは年明けの予測値(26万人)の3分の1水準である。このような雇用の見通しは、世界的金融危機の影響で就業者数が8万7000人減少した2009年以降最も低い数値と言える。

一方、韓国銀行は同日金融通貨委員会(金通委)を開いて、基準金利を年1.5%に据え置くことを決めた。これにより基準金利は昨年11月以降、11カ月間連続の据え置き基調を維持することになった。成長と雇用が低迷すると見込んだことで、予測とは逆に金利を引き上げる負担は避けたと見られる。ただ金通委は「金融政策方向」の議決文を通じて、今後の金利引き上げの可能性を強く示唆した。これにより、来月30日に開催される今年最後の金通委で基準金利が引き上げられる可能性が高まっている。


金宰永 redfoot@donga.com