Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

5億5800万年前…最も古い多細胞動物の化石を発見

5億5800万年前…最も古い多細胞動物の化石を発見

Posted September. 22, 2018 08:27,   

Updated September. 22, 2018 08:27

한국어

5億5800万年前に生息していた多細胞動物の化石(写真)が発見された。これまで発見された多細胞動物の化石の中では最古のものだ。これにより多細胞動物の出現時期は、従来の予想より数千万年も繰り上げられた。

国立豪州大学のジョケン・ブロックス教授チームが率いた国際共同研究チームは、ロシア北西部の白海近くの崖から5億5800万年前の生物の化石を発見し、一緒に保存されていた細胞組織から動物性脂肪であるコレステロール成分を検出したと、国際学術誌「サイエンス」が21日付けで発表した。コレステロールは、動物細胞の細胞膜を構成する基本物質で、動物だけが持っている成分だ。長さが1.4メートルの三葉虫に似た化石の中の生物は、先にカンブリア紀エディアカラ生物群の一種である「ディッキンソニア」と確認された。ディッキンソニアが動物であることを裏付ける直接的証拠を発見したのは今回が初めてだ。今回の発見で、学界はこれらの正体をめぐる長年の論争に終止符を打つことになった。


ソン・ギョンウン東亜サイエンス記者 kyungeun@donga.com