Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

李首相、「大統領府経済ラインの交替要求に、大統領が察している」

李首相、「大統領府経済ラインの交替要求に、大統領が察している」

Posted September. 14, 2018 08:35,   

Updated September. 14, 2018 08:35

한국어

李洛淵(イ・ナクヨン)首相は13日、国会の対政府質問で、野党からの張夏成(チャン・ハソン)大統領政策室長などの経済ラインの入れ替え要求について、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が問題があるかどうかを十分に察している」と語った。

李首相は同日、「誤った経済政策を主導する張政策室長、金秀顯(キム・スヒョン)大統領社会首席秘書官、洪長杓(ホン・ジャンピョ)所得主導成長特別委員長などの硬質を大統領に要請する考えがあるか」という野党自由韓国党の金武星(キム・ムソン)議員の質疑に対してこのように答えた。李首相は「基本的に大統領の側近補佐人員の去就について首相が口にするのは、よく言われる首相の領域ではない」と前提後、「先日洪長杓経済首席を入れ替えたように、大統領は問題があるかどうかを十分に探っている」と明らかにした。

政治圏では、李首相が野党の経済ラインの入れ替え要求に対して防御的な姿勢を取る代わりに、事実上呼応したものと解釈する雰囲気だ。一部からは、所得主導成長の議論の中で「張夏成守り」に力を入れてきた大統領府の気流が、長室長の入れ替えへと変わったのではないかという観測も出ている。これに対して首相室の関係者は、「李首相の発言は、大統領府の人事は首相領域ではないことを強調したものだ。大統領府が硬質を検討しているという意味ではない」と拡大解釈を警戒した。


柳根亨 noel@donga.com