Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

面単位の小中学校が次々と廃校、グラウンドは一面に雑草が

面単位の小中学校が次々と廃校、グラウンドは一面に雑草が

Posted August. 18, 2018 07:14,   

Updated August. 18, 2018 07:14

한국어

「1973年3月30日に開校して、卒業生3084人を輩出し、2017年3月1日に廃校した」

慶尚北道義城郡佳音面(キョンサンブクド・ウィソングン・ガウムミョン)にある佳音中学校の敷地に建てられた廃校を知らせる「校迹碑」は、少子高齢化に伴う「人口絶壁」と首都圏の集中による地方荒廃など、韓国社会が直面した課題を一挙に示している。16日に学校周辺で出会った60代の住民は、「わずか数年前までは児童たちが登下校する際は周辺地域も元気いっぱいだったが、児童たちが徐々に減少、昨年、結局廃業する時は涙を流す人が少なくなかった」と語った。

佳音中学廃校の「校迹碑」は、韓国雇用情報院が最近発表した全国の「消滅危険地域」の実態に示されたアラムの音が、遠い将来の問題ではないことを示している。全国の市郡区10カ所のうち4カ所が消滅する危機に瀕しており、義城郡のように農村地域だけでなく、釜山中区(プサン・チュング)と慶北慶州(キョンジュ)、金泉(キムチョン)など都市部まで消滅危険地域が拡大している状況である。

教育部13日、国会教育委員会に報告した業務現況では、学齢人口の減少による定員割れで、2021年までに私立大学38校ほどが廃校しかねないことが明らかになった。一つの大学が廃校すれば、大学だけでなく、地域社会と経済までがぐらつく。

人口減少による中・高校や大学の廃校は、未来社会への夢を育てるところがなくなることであり、将来がなくなることと同じでことだというのが教育専門家たちの診断だ。

韓国雇用情報院のイ・サンホ副研究委員は、「最近、自動車と造船業の低迷で、地方の製造業が構造調整に入り、脂肪消滅の危機はさらに膨らみかねない」と語った。

10日から12日まで、全羅北道群山市(クンサンシ)にあるウォルミョン体育館で行われたKBLL(韓国バスケットボール連盟)ユースクラブバスケットボール大会に参加するために、幼少年クラブの選手を率いて群山に入ってきた10個のプロバスケットボール球団関係者は、宿舎を決めようとしてびっくりした。市内で施設が良いといわれるホテルの一日の宿泊費が予想よりはるかに安かったからだ。値下げ競争まで起きて、普段は8万ウォン以上の部屋を2万5000ウォンで入手できた。

かつて造船業と自動車産業の好調に支えられ、地域内の観光産業までが栄えた群山(クンサン)が、現代(ヒョンデ)重工業群山造船所とGM大宇(テウ)群山工場の稼動中止の影響で、地域経済が低迷したことによる「笑えるけど悲しい」現実だった。


兪載泳 elegant@donga.com