Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

C・ロナウドがユベントスに移籍、スタープレイヤーの連鎖移籍につながるか

C・ロナウドがユベントスに移籍、スタープレイヤーの連鎖移籍につながるか

Posted July. 18, 2018 09:02,   

Updated July. 18, 2018 09:02

한국어

クリスティアーノ・ロナウド(33)が移籍に必要なメディカルテストを受けるため、イタリアのトリノにあるセリエAのユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムを訪問すると、数百のユベントスファンが押し寄せた。ロナウドのユニフォームとロナウドの顔が描かれた横断幕を持ったファンは、「ロナウド!私たちに欧州チャンピオンズリーグ(CL)のトロフィーをもたらして!」と叫んだ。

33歳で新たな挑戦を選んだロナウドは、堂々と抱負を語った。

「自分の歳になると選手としてのキャリアは事実上終わったと考える選手たちと自分とは違うということを見せたい」

メディカルテストを終えたロナウドは17日、早速ユベントス加入の記者会見を行った。

ロナウドは2009年からスペインリーグの名門レアル・マドリードでプレーしながら欧州CLの優勝だけでも4度制した。サッカー界で最高の権威を誇る「バロンドール」を5回受賞したロナウドは、ロシア・ワールドカップ(W杯)が終わると、ユベントスに移籍した。AP通信によると、移籍金は1億1200万ユーロ(約1478億ウォン)だという。

ロナウドは、「多くの選手が中国やカタールに渡る年齢代に、こんなに凄いクラブに合流できたことを嬉しく思う」と話した。最近30歳代の欧州のサッカープレイヤーが欧州に比べてサッカーのレベルは低いが、巨額の年俸と移籍金を示す中国や中東のクラブに移籍するケースが増えている。スペインのメディアによると、ロナウドの移籍金として2億ユーロ(約2638億ウォン)を提示した中国のクラブもいたという。しかし、ロナウドは新しい目標を目指して欧州での選手生活を続けることを決心した。ロナウドは「ユベントスに休暇を楽しむために来たわけではない。欧州CLとセリエAなどであらゆる優勝トロフィーを掲げるために戦う」と語った。イタリアリーグの最強クラブと言われるユベントスだが、欧州CLの優勝経験は1996年が最後だ。

ロナウドは徹底した体調管理を通じて高い技量を維持している。身体年齢が23歳と測定されるロナウドは、10年以上を毎日3、4時間ずつ、週に少なくとも5回ずつ敏しょう性や持久力、スピードなどを鍛える筋トレメニューを欠かさずこなしてきた。ロナウドは、「私は挑戦を楽しむ人だ。過去の栄光に胡坐をかいていない。そしてチームを移しても、相変わらず自分が世界最高であることを証明してみせる」と話した。

ロナウドの移籍は、アタッカーたちの連鎖移籍を生み出しそうだ。米国のスポーツ専門チャンネルESPNによると、ロナウドを手放したR・マドリードはロシアW杯でベルギーを3位にけん引したエデン・アザール(27=チェルシー)の獲得を狙っている。ドリブル能力に長けているアザールは、W杯で3得点2アシストを記録した。最近アザールは、「これまでイングランド・プレミアリーグ(EPL)のチェルシーで素晴らしい時間を過ごした。今は変化の時期が訪れたようだ」と言い、移籍を意識した発言をした。

アザールがR・マドリードに移籍する場合、チェルシーはユベントスのFWゴサンロ・イグアイン(31)を連れてくる可能性が高い。イグアインはロナウドの加入で肩身が狭くなった。イグアインはロシアW杯ではアルゼンチンのFWとして出場した。彼はユベントスでプレーした2シーズンで105試合に出場し55ゴールを記録した。英紙ミラーは、「チェルシーはイグアインの獲得に必要な資金を用意するため、アルバロ・モラタやオリビエ・ジルら攻撃陣を他チームに送る準備をしている」と報じた。


鄭允喆 trigger@donga.com · 金在亨 monami@donga.com