Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

「6・12」実施に向けた金正恩氏のSOS

「6・12」実施に向けた金正恩氏のSOS

Posted May. 28, 2018 08:30,   

Updated May. 28, 2018 08:30

한국어

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が26日、予告なく板門店(パンムンジョム)の北朝鮮側統一閣で首脳会談を行った。金正恩氏は、「米朝首脳会談の成功に向けて協力する」と明らかにした。トランプ米大統領が米朝会談の中止を発表すると、正恩氏が会談再開に向けて文大統領に「ワンポイント会談」というSOSを要請し、非核化の意思を再び明言したのだ。最高潮に達した米朝間の神経戦で揺れ動いた非核化交渉が、劇的に再開の手順を踏む可能性が高まった。

文大統領は27日、大統領府で記者会見を行い、「金正恩氏は板門店(パンムンジョム)宣言に続き、再度韓半島の完全な非核化の意思を明確にし、米朝首脳会談の成功を通じて戦争と対立の歴史を清算し、平和と繁栄に向けて協力するという意思を表明した」と述べた。

また文大統領は、「トランプ氏は、金正恩氏が完全な非核化を決断して実践する場合、北朝鮮との敵対関係の終息と経済協力に対する確固たる意思があるということを(正恩氏に)伝えた」と話した。そして、「金正恩氏は一昨日(25日)午後、一切の形式なく会いたいという意向を伝えてきた」とし、今回の会談は正恩氏の要請によることを明確にした。

25日はトランプ氏が公開書簡を通じて米朝首脳会談の中止を発表した翌日だ。金桂寛(キム・ゲグァン)第1外務次官に委任した談話文で、低姿勢で米国との対話を要請したのに続き、文大統領に会談を提案し、会談再開の意向を明らかにしたのだ。

金正恩氏は26日、文大統領と会った直後、「できる最善の努力を尽くし、結果も出し、国際社会の声も(聞いて)、南北関係の問題もすべてうまくいくだろう」と話した。北朝鮮の労働新聞も、「(金正恩委員長が) 6月12日に予定されている朝米首脳会談のために多くの努力を傾けてきた文大統領の労苦に謝意を表し、歴史的な朝米首脳会談に対する確固たる意思を表明した」と明らかにした。北朝鮮の報道機関が米朝首脳会談の日を6月12日に確定して報じたのは初めて。

特に、金正恩氏は南北首脳会談で迅速ながらも完全な非核化を補償するという「トランプ・モデル」に対して以前より肯定的な反応を示したという。これと関連して大統領府関係者は、「米朝間の相互不可侵の約束と平和協定締結などの様々な案は、非核化推進に対する米朝間合意がなされ、北朝鮮がある程度実質的に履行した後、検討が可能になるだろう」と明らかにした。


ムン・ビュオンギ記者 ハン・サンジュン記者 weappon@donga.com · alwaysj@donga.com