Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

SKイノベーションがハンガリーに電気自動車のバッテリー工場を建設

SKイノベーションがハンガリーに電気自動車のバッテリー工場を建設

Posted March. 09, 2018 08:06,   

Updated March. 09, 2018 08:06

한국어

バッテリー事業を次世代成長エンジンに決めて、集中的に投資しているSKイノベーションが8日(現地時間)、ハンガリーで電気自動車バッテリーの生産工場の起工式を行った。2019年の下半期(7〜12月)までに工事を終えて、設備の安定化や試運転、製品認証の過程を経た後、2020年初めから電気自動車バッテリーの本格的な量産と供給を開始する計画だ。

SKイノベーションが8402億ウォンを投資して建設するハンガリー工場は、43万平方メートル(約13万坪)の敷地に年間生産能力7.5GWh(ギガワット時)級で建設される。GWhとは、電気エネルギー量を表す単位である。すべての生産ラインが完成する時期は2022年である。先月、SKイノベーションの業績発表のカンファレンスコールで、イ・ヨンウSKイノベーションバッテリー事業支援室長は、「現在1.1GWh規模である電気自動車バッテリーの生産能力を2020年までに20GWhに拡大する計画だ」と明らかにした。

ハンガリー工場では、SKイノベーションの第3世代電気自動車のバッテリーを生産する予定である。1回の充電時の走行距離は約500キロに及ぶ。ハンガリー工場が完成すれば、SKイノベーションは西山(ソサン)工場の生産量(年間3.9GWh)の約二倍に達する海外生産拠点を確保することになる。

同日、ユン・イェソンSKイノベーションバッテリー事業代表は、「欧州は、各国政府と自動車メーカー各社が最も挑戦的に成長目標を掲げている電気自動車市場の中心である。ハンガリー工場は、SKイノベーションが欧州電気自動車市場で成長するために重要な足掛かりになるだろう」と語った。同日の起工式には、シーヤールトー・ペーテル・ハンガリー外相などのハンガリー政府の関係者、崔再源(チェ・ジェウォン)SKグループ首席副会長、金俊(キム・ジュン)SKイノベーション社長、顧客会社と協力会社の関係者をはじめ、300人余りが出席した。


徐東一 dong@donga.com