Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

マナヅル1000キロの移動経路をGPSで確認

マナヅル1000キロの移動経路をGPSで確認

Posted December. 07, 2017 08:19,   

Updated December. 07, 2017 08:55

한국어

マナヅル1000キロの移動経路をGPSで確認
京畿道(キョンギド)動物衛生試験所は、ソウル大公園と一緒に国内で初めて衛星測位システム(GPS)を利用して、マナヅル(写真)の移動経路の把握に成功したと、6日明らかにした。マナヅルは、地球上に5000~5500匹しか残っていない「絶滅危惧種2級」であり、天然記念物203号である。

両機関の研究者は昨年3月、京畿南楊州(ナムヤンジュ)で脱力状態のマナヅル1匹を救助した。一ヶ月間治療した後、4月10日、京畿平沢(ピョンテク)のチンウィチョンで、GPS装置と認識票をつけて自然に戻した。GPSデバイスは、横3.8センチ、縦6.6センチ、厚さ1.4センチ、重さ30グラムの超小型機器で、位置情報約20万件を記録できる。

GPS情報を分析した結果、チンウィチョンから出発したマナヅルは同日、江原道鉄原郡(カンウォン・チョルウォングン)の非武装地帯(DMZ)に到着し、約2週間とどまった。同月24日、再び旅に立ち、北朝鮮を経て、25日、ロシア沿海州のハンカ湖の南部に到着した。以後ハンカ湖とダリネレチェンスクに巣を作り、約6ヶ月間生息した。マナヅルは10月21日、ハンカ湖を出発して、24日、江原道鉄原に戻ってきた。DMZの湿地と民間人統制区域の農地、4つの貯水池、そして漢灘江(ハンタンガン)一帯で冬を過ごした。マナヅルは今年3月16日、再び北上し、20日、ロシア・ハンカ湖に到着した。ここで約7ヶ月留まり、10月24日鉄原のDMZに戻ってきて、越冬している。

研究チームは、このように約2年間、2回にわたって移動経路と繁殖地の追跡を通じて、マナヅルが毎年同じ経路で、韓半島とロシアの沿海州(1000キロの距離)を行き来したことを確認できた。

一般のマナヅルは、体長が約120センチで灰色であり、目の周りが赤く、頭と首の後ろは白である。子の頭は生後1年まで茶色を帯びる。ロシアのアムール川の中下流の湿地を中心に、モンゴルと中国で繁殖し、10月頃韓国と日本などで冬を過ごすために訪れる。国内では京畿漣川(ヨンチョン)、坡州(パジュ)、金浦(キムポ)と江原道鉄原(チョルウォン)、慶尚南道(キョンサンナムド)の注南(チュナム)貯水池などで越冬する。

京畿道動物衛生試験所のイム・ビョンギュ所長は、「今後もベールに覆われた野生鳥の移動経路の把握に乗り出す予定だ。絶滅の危機に瀕している野生鳥の保全に努めたい」と語った。



南坰鉉 bibulus@donga.com