Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

韓中首脳、「北核協議の強化」で共感はしたが...

韓中首脳、「北核協議の強化」で共感はしたが...

Posted November. 13, 2017 10:24,   

Updated November. 13, 2017 11:02

한국어

文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が11日(現地時間)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれたベトナム・ダナンで首脳会談を行い、文氏の来月の訪中を通じて両国関係の未来志向的な発展を包括的に議論することで合意した。先月31日に両国政府が合意した韓中関係の修復を首脳レベルで公式化したのだ。

 

文氏は、「韓中関係は一時的に困難にあったが、一方で互いの大切さを再確認する時間だった。失った時間を挽回しよう」と述べた。これに対して習氏は、「中韓関係と韓半島情勢は重要な時期にある」と診断した。そして、「今日の会談は、今後の両国関係の発展と韓半島問題において両国の協力、リーダーシップの発揮に重大な契機になるだろう」と前向きに応えた。

特に両国首脳は、北朝鮮核問題を「対話による平和的方法」で解決することで意見が一致し、戦略的対話を強化することで合意した。6者協議代表会合のような韓中間の協議チャンネルを再稼働するということだ。大統領府関係者は、「既存の高位級会談を拡大することであり、新たな協議体も含まれている」と伝えた。

ただ、首脳会談で高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)問題は言及されないという予想に反して、習氏はTHAAD配備と関連して、「重大な利害関係の問題に関して両国は両国民に責任を負わなければならない」と強調した。これに対して文氏は、「THAADは中国を狙わない」と従来の立場を再確認した。一方、習氏は同日、安倍晋三首相とも首脳会談を行い、両国関係の改善に合意した。日中首脳は年内に日中韓3国の首脳会議の開催を推進することを決めた。



ダナン=ムン・ビョンギ記者 ユ・グンヒョン記者 weappon@donga.comnoel@donga.com