Go to contents

THE DONG-A ILBO Logo

明仁天皇の「訪韓の夢」

Posted September. 22, 2017 09:13,   

Updated September. 22, 2017 09:32

한국어

 

1975年7月17日、戦没者戦災犠牲者を追悼する沖縄の「ひめゆりの塔」。皇太子明仁親王(当時)が訪問した時、火炎瓶が飛んできた。洞窟に潜伏して1週間待っていた2人の青年の犯行だった。第2次世界大戦当時、玉砕作戦で12万人以上の沖縄の住民が犠牲になった。戦争責任がある天皇の長男の訪問が許せなかったのだ。事件の収拾後、皇太子は訪問を終えた。

◆天皇が20日、埼玉県日高市の高麗神社を初めて訪れた。高句麗最後の王である宝蔵王の息子若光と遊民1799人が亡国の恨みを抱いて1307年前にここに定着し、子孫は若光を称えて神社を建てた。参拝すれば出世するという俗説もある。参拝後、首相や大臣になった政治家だけでも斎藤実をはじめ6人。「捜査が解決する」という噂も一時広まり、検事たちもここを訪れて祈った。地元料理に高麗鍋がある。白菜に韓国式の味噌・醤油を入れて煮込んだ高句麗の料理だ。

◆桓武天皇は日本の第50代天皇で、第49代の光仁天皇と百済人の高野新笠の息子だ。天皇は、「続日本紀」を根拠に二度にわたってこのことに言及した。2001年12月23日、誕生日を控えた記者会見と2010年に奈良県で開かれた第1回東アジア地方政府会合でだ。「桓武天皇の生母が百済の武寧(ムリョン)王を始祖とする渡来人の子孫」という趣旨だった。それで「深いゆかりを感じる」と述べた。韓国に対する深い関心も、高麗神社を訪れたのもそのような理由からだ。

◆天皇が健康を理由に生前退位を宣言した昨年、日本社会は騒然とした。天皇は第2次世界大戦の戦没者慰霊碑を訪れ、懺悔の思いを続けた。安倍首相をはじめとする右派を牽制する「静かな反対者」の役割も果たした。韓国訪問を希望するという意向も数回示した。在位中の訪韓は、両国国民の感情に触れる敏感な問題であるため、実現は難しい。しかし、来年の退位後なら…。故郷を訪問するように訪韓が実現すれば、韓日関係は急速に正常化できる。天皇もそのような夢を見ているのかもしれない。